2013年2月11日月曜日

あの人の胃袋をつかんだり

家庭料理で
わたしの母の味と、祖母の味はちがう。

素材と具材と調味料と
あとは真心とか気分だとか
つくる人によってそれぞれ
味わいがちがうんだよなあ。
煮物はそれらが特に如実に表現されると思う。

先月、母ママコに魚の捌き方を教わった時に
煮物のコツも教わったので、それからせっせと自分の味を探究中。
コレと言って抜きん出るほどの味わいも特徴も
まだ無いのだけれど、ふつうに、レベルでは
美味しくなってきたかな、と小さい声では言ってもいいと思う。




これは
れんこん、ごぼう、人参、大根、鶏もも肉でつくった日。

0 件のコメント:

コメントを投稿