2012年12月12日水曜日

天津GO飯

天津飯。
を食べた記憶…

伊勢に居た学生時代、友人Sに連れられ自転車こいで
食べに行ったことがある。
「きたなシュラン」には及ばないが、
綺麗、とも言えない店だった。
天津飯がうまいからアッコちゃん食べに行こうぜ!(友人Sは男子)
みたいなノリだったので、
それは天津飯だった、とはっきり憶えがある。
しかしそれ以外、いまいち思い浮かばないのだ…

そんなわたしに天津飯を作って、とリクエストされたので
朧げな記憶と天津飯に対するぼんやりしたイメージで
作り上げたのが
これ。



とろみのあるあん、的なものがかかっているイメージ…
蟹かなあ?海鮮っぽい風味ある?ような…
ごはんは白いままよね…

ということで、
小鍋で
・鶏ガラスープ
・塩、胡椒
・甜菜糖
・酒
・水溶き片栗粉
であんを作って

・卵
・ネギ
・帆立缶(スープも)
・干しエビ
・みりん
これをごま油+グレープシードオイルで焼く


あんは醤油系かな?色がついているイメージがあったのだけれど、
ありあわせで即席で作ったので、
帆立の缶詰(むしろ豪華じゃんか)なので
塩ベースで上品に仕上げるのがいいかなと。
あとは彩り的に、赤いものが必要な気がしたので蟹のかわりに干しエビも投入。
あとは緑…刻んだネギも入れてみた。

炊きたてご飯を型にいれて
皿の上でコポっと山にしたら
ご飯が隠れるように焼いた卵をかけて
あんをとろーり。

美味しい、お、おいしい!
だけど
本当の天津飯が無性に気になって
調べてみたら、
関東風は甘酢あんとかケチャップ風味のあん、
関西風は醤油あん…なんだそうだ。
すごーい興味津々。

そして某料理サイトをみると
家庭では、カニかまぼこを使って天津飯を作っている方が多くみられた。
カニかま、なるほどねー!

ということで
早速カニかまを買ってきて
再チャレンジしてみたのが
これ



塩ベースのあんがヒットだったので、続投。
(カニかまの裂き方がへたっぴなのだけど…)

卵はあまり半熟状にしない方が天津飯らしいのかも。
半熟にしすぎて、鍋の〆のおじやみたい。

いいね、天津飯も向上させていこう。

ちゃぁんと、レンゲで食すという大きなポイントも忘れてませぬ。


0 件のコメント:

コメントを投稿