2012年1月24日火曜日

ゆきどけ

雪融けの音が心地よい昼下がり。

昨晩は、"白い予感"を気にしながらも
雨の中、近所の焼き鳥屋さんへ。
店主が焼き鳥を焼き、小窓をのぞきながら、
雪ですねぇ、と話しかけてくれた。
小一時間のうちにいつの間にか、雨は雪に変わって
いつもの風景は白銀の世界に様変わりしていたのだ。
いつもとすこし違う居心地に、小躍りしたりして。
顔がしんしんと、ひんやり冷える感じ、
ただ寒いだけじゃない細やかな感覚もうれしかった。
こういう日も貴重だと思ったり。

その後、眠る前にふとんのなかで浮かんだ
気になったことばのフレーズがあったのだけれど
メモをせずそのまま眼を閉じてしまったので
今朝はすぅーっとことばも解けちゃって覚えていないや。
また紡ぎだそ。

会いたい人もいて、今後の予定と行動をどうしていこうかと。





0 件のコメント:

コメントを投稿