2011年10月26日水曜日

キオク

むかし。
わたしにとってはむかし、中森明夫さんに連れられて
パラダイス山元さんが開く、「蔓餃苑」という完全会員制の餃子店に行ったことがある。
わたしが上京したての頃だったので、それがどこの場所で開かれたのかとか、どんな雰囲気の店だったのかも記憶がとても曖昧なのだけれど、味だけはよ--------く覚えている。
おそるおそる一口かじってみたときに口の中に広がる肉汁と一癖ある独特な風味。
これはなにが入っているのですか?とパラダイスさんに尋ねると、
ゼナが入っているんだよ!
え?
ゼナでげんき〜、タモさんのあのゼナですか?
・・・こんな会話が交わされ、
そう、ムライブアマ配合の栄養ドリンク、あの、ゼナで正解。
パラダイスさんが餃子にいろんな栄養ドリンクを入れて試したところ、
ゼナがいちばん餃子づくりにふさわしかったと言っていた気がする。
お肉とキャベツのほかにあとはセロリ、干し椎茸、紹興酒も入っている。

つまり味を説明するとなんだろうなあ、
漢方とかっていうより、何よりもふしぎな甘みがあるというか、
旨味と甘みの奥から苦みが見え隠れするというか・・後をひく。

むかしのそんな、舌も覚えている出来事を
さいきん、ふと思い出して
わたしなりの餃子レシピと混合させて、
パラダイス餃子を作ってみた。

・キャベツ・豚挽肉・ニラ・ネギ・セロリ・干し椎茸
・にんにく・生姜・オイスターソース・ごま油・塩・胡椒
・鶏ガラスープ(顆粒)ゼナ・紹興酒

パラダイス山元さんの餃子のあの味とは
やはりちがうのだけど、今までのわたしの餃子には無かった、
餃子のあたらしい顔。
そう。そして強烈に思い出した事は
当時わたしは未成年でビールを飲めなかったので
蔓餃苑でノンアルコールは、コアップガラナだったこと!

ビールと合わせるのももちろんグゥだけど、なんかこの餃子とはコーラとかペプシをあわせて飲みたくなるかんじ?普段滅多に飲まないラムコークとか・・もちろん紹興酒にもぴったり。そんな餃子。
舌のキオクってのも大したもんだ。


0 件のコメント:

コメントを投稿